立憲民主党岡山県連合

代表挨拶

立憲民主党は、これまでの政党とは違います。

 

2017年10月3日。

立憲民主党は誕生しました。

 

それは、衆議院総選挙直前。

これまで政治に関わりのなかった人たちが、現在の政治に失望し、声をあげるようになりました。

「この流れを止めてはいけない」

みなさんの声を受け止めた枝野幸男代表のもと、志ある仲間が集い、みなさんと共につくりあげた政党。それが立憲民主党です。

 

この一年。

私たちが大切にしてきたのは、みなさんと「つながる」こと。

みなさんと共に、政策をつくり上げるための地域でのタウンミーティングや、ディスカッションに参加するワークショップなどは、これまでの政治の既成概念にとらわれることなく、みなさんと政治をつなげる、新たなコミュニケーションのあり方です。

 

もっと気軽に、政治に参加して欲しい。

新たに始まった「立憲パートナーズ制度」には、私たちの思いが詰まっています。

まっとうな政治を実現したい、新しいことにチャレンジしたい、そんな気持ちを持ったみなさんに集まっていただき、地域で活動する自治体議員や国会議員と、みなさんの思いを語り合いたいのです。

 

私たちは、岡山に暮らすみなさんとつながり、地域でしっかりとコミュニケーションを重ね、みなさんと、岡山の未来をつくります。

 

政治とは、あなたの生活そのものです。

小さな声は、大きなうねりとなり、政治を変え、暮らしを変える。

ボトムアップで岡山の未来をつくる。

私たちは、この動きをさらに進めてゆきます。

 

あなたも、私たちと共に新たなチャレンジを始めませんか。

小さな声から、大きなうねりを。

岡山の未来のために、あなたの声を聞かせてください。

 

 

2018年10月3日

立憲民主党岡山県連合

代表 高井崇志